2012年8月22日水曜日

マグネットの分解、加工修理

Oサンのショベルのマグネット。結局そのまま装着したら眩暈してゲロ吐いて気絶しそうになるくらい全くエンジンかからなかったので分解して加工修正いたします。

先日のブログで私マグネットに関しては全くの無知ですと言いましたが・・・

まぁ、何であれ機械である以上はその構造から頭の中でいろいろ想像しこうなれば良くなる、こうなれば悪くなると言うのは何となく理解はできます。
それがこのマグネット点火の場合。。。

加工して良くするというよりはこうなったら悪くなると思われる箇所を加工修正していく消去法にて作業していきます。

全てほぼ新品状態の部品ですが・・・

見るからにジャンクですねぇ。。。精度悪すぎ。

で、アレコレ加工修正いたしました。

この手の部品は先のブッシュ等も含めそのままボルトオンではまず調子良くはならないです。



さて、結果はどうでしょうか?


video
初めてのマグネット分解加工修正に始めてのYOUTUBEの動画アップ・・・

どっちかいうたらYoutubeに動画アップする方が私には難しかったです・・・。

と思ったらコレyoutubeの画像じゃないですね・・・
やはりまだまだ理解に苦しみそうです・・・

Oさん、始動性はこんな感じでどうですか?

これなら私も通勤でのテスト走行やる気が出てき
ました。
あ、わざわざ説明するまでもないかもしれませんが、マグネットのとこにエンジン止めるスイッチがあってエンジンかけて止めてかけて止めて・・・を繰り返してる動画です。

もしかしたらマグネット知らない方には何か調子悪そうやんって思われそうな気がしたので・・・
敢えて説明しておきます。

マグネットでも何回やってもキック一発始動は気持ちいいですね。
もちろん点火だけの問題ではないですが・・・